消費者金融の利用は何歳からできるのか

消費者金融 0 Comments

お金を借りようと考えた時に選択肢はいくつもあります。その選択肢の一つが消費者金融です。消費者金融とは消費者の収入等を勘案して行われる信用の供与である消費者信用の内、個人へのお金の貸し出しのことです。またこれ以外にも、賃金業業者、特に一般個人に対する無担保での融資事業を中心とする賃金業を指す事もあります。
利用者は日本人の全人口の10分の1、およそ1300万人いると言われています。1970年代頃には、サラリーマンを対象にした業者が多かった為、サラリーマン金融を略して、サラ金等とも呼ばれていました。また市街地や街の中に営業所があることが多い為、街金等と言う呼ばれ方もしていました。そして1980年代頃からは今の名前で呼ばれるようになりました。
その理由は利用者層がOLや主婦等の女性から自営業者まで、実に幅広くなったことが理由にあります。現在では若い人の利用も増えています。若いと言っても一体何歳からお金を借りられるのでしょうか。普通に考えると、成人になったらとかんが得そうですが、実際は想像より早くて、18歳から借りられるようになっています。
しかしこれはあくまでも原則で、多くの大手消費者金融は20歳以上でなければ貸し出すことはしていません。何故かと言うと20歳未満の未成年に貸す為には親権者の同意が必要になるからです。また、その他にも様々なハードルがある為基本的には成人からということになっています。実際お金を借りる場合は毎月返す能力がないといけない為、未成年の契約はリスクがあるとも言えるのです。

関連記事